22年1~3月期の折りたたみスマホ出荷台数、約6倍に急増 サムスンはシェア74%

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

注目記事

22年1~3月期の折りたたみスマホ出荷台数、約6倍に急増 サムスンはシェア74%

続きを読む

米調査会社「DSCC」によると、2022年1〜3月期の折りたたみ式スマートフォンの出荷台数は、前年同期比571%増の222万台となった。

うち、韓国サムスン電子が74%のシェアを獲得し、依然として折りたたみスマホ市場で支配的な地位を占めているが、ファーウェイ(華為技術)もシェア20%と存在感を増しつつある。同社の折りたたみスマホ「P50 Pocket」が大きな役割を果たした。

DSCCによると、折りたたみスマホ市場は急速に拡大しており、22年の世界出荷台数は107%増の1600万台を超える見通しとなっている。

折りたたみスマホの出荷台数、2024年に3千万台突破の見込み

(36Kr Japan 編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録