アリババクラウド、グローバル化を加速 1年でデータセンター5カ所を新設

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババクラウド、グローバル化を加速 1年でデータセンター5カ所を新設

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ集団傘下でクラウドサービス「アリババクラウド」を手掛けるアリババ・クラウドインテリジェンスはここ1年で、インドネシア、ドイツ、フィリピン、タイ、韓国の5カ国にデータセンターを新設した。同社はすでに、アジア太平洋地域や欧州、中東などに84のアベイラビリティゾーンを展開している。

米調査会社ガートナー(Gartner)によると、アリババクラウドは2021年、世界シェア3位となり、6年連続でシェア拡大を果たした。アジア太平洋地域では25%以上のシェアを獲得して1位となった。アリババクラウド・インテリジェンスの国際事業担当プレジデント、袁千(セリナ・ユアン、Selina Yuan)氏は取材に応じ、「当社は今後も海外市場、とくに東南アジアへの投資を増やしていく」と述べた。

アリババクラウド、ドイツで3カ所目のデータセンター開設 24年パリ五輪もサポート予定

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録