中国車載バッテリー「エンビジョンAESC」、スペインに新工場建設へ 25年の稼働を目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

注目記事

中国車載バッテリー「エンビジョンAESC」、スペインに新工場建設へ 25年の稼働を目指す

続きを読む

中国の再生可能エネルギー企業「エンビジョングループ(遠景科技集団)」傘下の車載バッテリーメーカー「エンビジョンAESC(遠景動力)」がこのほど、スペイン西部のナバルモラル・デ・ラ・マタに計画生産能力30ギガワット時(GWh)の超大型工場を建設し、2025年に生産を開始すると発表した。同工場は、エンビジョングループの「ゼロカーボン・システムソリューション」により、100%再生可能エネルギーの供給とカーボンニュートラル(炭素中立)な運営を実現するという。

この事業は、スペイン政府による「電気自動車(EV)・コネクテッドカー分野の戦略的復興・変革プロジェクト(PERTE-VEC)」の重点事業となっている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録