自動運転センシング技術の「MINIEYE」、シリーズDで累計約150億円を調達 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転センシング技術の「MINIEYE」、シリーズDで累計約150億円を調達 

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転センシング技術の「MINIEYE(深圳佑駕創新科技)」が6月6日、シリーズD3での資金調達完了を発表した。リード・インベスターは「凱輝基金(Cathay Capital)」、コ・インベスターは「蔚来資本(NIO Capital)」傘下の「金寧基金」と香港の証券会社「申万宏源(Shenwan Hongyuan)」。同社は昨年7月のシリーズD1以降、1年足らずの間にシリーズDでの資金調達を3度実施。今回で累計調達額は8億元(約150億円)となった。

MINIEYEは2013年設立。自動運転を巡る多様なニーズに対応するため、4つのソリューションを展開している。自動運転レベル0〜2に対応する先進運転支援システム(ADAS)の「iSafetyy」、レベル2+およびL2++に対応するナビゲーション補助システム(NOP)の「iPilot」、スマートコックピット用のセンサーおよび対話ソリューション「iCabin」、高精度地図の更新サービス「iMap」だ。

MINIEYEはすでに、新興電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」の複数の車種にソリューションを提供している。

自動運転センシング技術の「MINIEYE」が資金調達 自動駐車に注力

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録