中国EV「小鵬汽車」、車載向け対話型VRディスプレーに関する特許を発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

注目記事

中国EV「小鵬汽車」、車載向け対話型VRディスプレーに関する特許を発表

続きを読む

中国の電気自動車(EV)メーカー「広州小鵬汽車科技(Xpeng Motors)」が6月14日、「VR(仮想現実)ベースの情景表示に関するシステム、方法および車両」と題した特許を出願したと発表した。

企業情報検索サイト「天眼査(Tanyancha)」に掲載された特許概要によると、システムには車両情報取得デバイス、プロセッサ、VRおよびAR(拡張現実)ディスプレーおよび対話型デバイスが含まれる。システムは車両周辺の画像を収集し、モデリングを実行して「3Dバーチャルシーン」を生成する。また、ユーザーが入力する「インタラクション制御コマンド」に応じて動的効果を3Dバーチャルシーンに合成し、目標とするバーチャルシーンの映像を取得する。

今回出願された特許技術が採用されれば、ユーザーはドライブ中にインタラクティブな操作を実行し、動的効果を備えたリアルタイム3Dバーチャルシーンの映像を見ることが可能になる。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録