Pimax、一体型VRヘッドセット「Pimax Crystal QLED」を発表 交換可能なレンズモジュールを初採用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

Pimax、一体型VRヘッドセット「Pimax Crystal QLED」を発表 交換可能なレンズモジュールを初採用

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

VR(仮想現実)ヘッドセットを開発する中国スタートアップ「小派科技(Pimax)」は1日、今年初の新製品発表会「Pimax Crystal Launch Event」を開催し、Realityシリーズ初の製品「Pimax Crystal QLED」をお披露目した。

Pimax Crystal QLEDの最大の特徴は、解像度8K相当の一体型ヘッドセットであるということだ。発表会での説明によると、Crystalのディスプレイの解像度はヨコ5760画素×タテ2880画素。画素数トータルでは既存の「Pimax 8K X」と同等だが、画素密度と視野角のトレードオフで画素密度は8K Xよりも高くなる。

CrystalのディスプレイパネルはQLED(量子ドット発光ダイオード)とmini LED技術を導入し、搭載するHDR(ハイダイナミックレンジ)アルゴリズムは色空間をより正確に、コントラスト比をより心地よい具合に調整し、ワイヤレスモードでもセミプロ級の高解像度が維持できる。

もう一つの注目ポイントはCrystalが初めて交換可能なレンズモジュールを採用したことで、シャープネスや視野角が調節できるようになった。さらに屈折度も調節できるようになり、レンズ度数−7.0Dまでの近視用メガネを使用するユーザーはメガネなしでヘッドセットを装着できる。

光学的には非球面ガラスレンズを採用したことで透過率を上げ、迷光(不要な反射や散乱)をさらに減らし、歪曲収差を抑える。レンズはブルーライトやほこり、反射を除去する3種のコーティングが施され、耐久性に優れ、キズにも強くなり、目も保護してくれる。

チップはクアルコムの「Snapdragon XR2」とPimax特注のPC用VRエンジンによるデュアル構成となっている。

カメラは4つ搭載しており、ワイヤレスモードでは6DoF(頭の傾きと回転に加え、前後・左右・上下の移動を検知できる)に対応し、アイトラッキング(視線計測・追跡)や瞳孔間距離の自動調節などの機能も備えている。

データ転送では60GHz帯の無線データ通信を行う世界最小のVR用ワイヤレス受信機を発表。強力な耐タンパー性(解析・改ざん防止能力)を有し、パソコンから3〜5メートル以内ならユーザーはフレームレートの低下はほとんど感じられないという。

エコシステムの構築も着実に進めている。コンテンツ開発者を技術面でサポートしており、VR 3.0のコンテンツ配信プラットフォーム「Pimax Store」で各種アプリがリリースできるよう支援していく。
(翻訳・山下にか)

VRヘッドセット「Pimax」が約20億円を調達 世界トップレベルの特許を16件も取得

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録