BYDが特許取得、自動運転車の充電まで自動に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

BYDが特許取得、自動運転車の充電まで自動に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の企業情報検索サイト「天眼査(Tianyancha)」によると、中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が6月10日、「自動運転電気自動車の充電管理方法、装置およびシステム」の特許を取得した。

特許の要旨によると、この特許には、充電を必要とする車両からのリクエストメッセージを受信し、レスポンスメッセージを送信することが含まれている。充電エリア内に対象車両が入ってきたことを検知すると、対象車両へのワイヤレス充電を始める仕組みだという。

この発明は充電のスマート化を可能とする。充電が必要な車両は公共充電設備が使用中か否かを自ら把握できるようになり、充電の過程で人力によるサポートが必要なくなる。さらに、充電の過程で環境的な影響を効果的に回避し、充電効果を高めることができるという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録