中国CATL、ナトリウムイオン電池量産化の2023年実現に向けた取り組みを推進

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国CATL、ナトリウムイオン電池量産化の2023年実現に向けた取り組みを推進

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国車載電池大手「寧徳時代(CATL)」は7月1日、現在のところリチウムイオン電池(LIB)の技術開発に注力しているが、同時に新たな技術に対しても高い関心を寄せていることを明らかにした。

寧徳時代は2021年、同社初のナトリウムイオン電池(NIB)を発表した。この電池は、セル単体のエネルギー重量密度が160Wh/kg、常温下では15分で80%以上を充電でき、マイナス20度の低温環境でも定格容量の90%以上の放電保持率と80%以上のシステム統合効率を維持するという。同社は現在、2023年までにNIBの量産化を実現すべく取り組んでいる。

中国CATL、ナトリウムイオン電池の23年量産化に向け取り組み進む

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録