蔚来汽車(NIO)、2018年Q4決算では初営業利益黒字達成も2019年Q1は販売台数減少か

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

蔚来汽車(NIO)、2018年Q4決算では初営業利益黒字達成も2019年Q1は販売台数減少か

続きを読む

3月6日、新興EVメーカー「蔚来汽車(NIO)」が2018年第4四半期及び未監査の2018年決算報告を発表した。

決算報告によると、蔚来は第4四半期に8069台の蔚来ES8を製造、前四半期の4206台から91.8%増加している。そのうち実際に販売されたのは7980台。2018年通期でES8の総生産量は12775台、販売されたのは11348台だった。

蔚来の第4四半期の総収入は34億3560万元(約562億円)で、前四半期に比べ133.8%増となった。収入の大部分を占める自動車販売額は33億8120億元(約553億円)だった。その他の販売額は5442万元(約8億9000万円)、その大部分は家庭用充電スタンドの設置とそのサービス収入からきている。2018年の総収入は49億5120万元(約810億円)だった。

蔚来は初めて営業利益の黒字化を実現。第4四半期の売上総利益率は0.4%、前四半期の営業売上総利益率は-7.9%だった。そのうち、自動車販売の売上総利益率は3.7%、前四半期では-4.3%だった。2018年の年間売上総利益率は-5.2%で、そのうち自動車販売の売上総利益率は-1.6%だった。

第4四半期の売上原価は34億2200万元(約560億円)、前四半期から115.8%増。同社によると、この売上原価の増加は主にES8販売台数の増加からきているという。2018年総売上原価は52億700万元(約852億円)。
製品とソフトウェア開発に関連する社員を増員したため、また2018年12月に販売開始したES6のデザインや開発費用の増加のため、蔚来の第4四半期の研究開発費用は前四半期より48%増加し、15億1520万元(約248億円)となった。2018年通期での研究開発費用は39億9790万元(約654億円)。

同社の第4四半期の販売と管理費用は19億4540万元(約318億円)で、前四半期より16.5%増。主には市場マーケティングと販促イベント、販売ネットワークの開拓に関係する賃貸料、およびユーザー開発とサービスに関係する部門及びその他の管理部門従業員の増加によるものだ。

営業損失は34億4690万元(約564億円で)、前四半期より22.7%増加した。2018年通期の営業損失は95億9560万元(約1570億円)。第4四半期の純損失は35億300万元(約573億円だった)。

2018年末までに、蔚来の現金及び現金等価物、制限付き貨幣資金と短期投資残高は83億4560万元(約1366億円)。

2019年1、2月におけるES8の販売台数はそれぞれ1805台と811台であり、販売台数の減少は予想を上回った。蔚来はその原因として、2019年は電動自動車への補助減額が予想されることが、昨年末の販売台数増加を促進したこと、元旦と春節期間中は元々消費が落ち込む時期であること、そしてマクロ経済の自動車業界に対する影響を挙げた。

2019年第1四半期、蔚来はES8の販売台数は3500台から3800台を見込んでいるが、この数字は前四半期から56.1%から52.4%減となる。

総収入は13億9090万元(約227億円)から15億1570万元(約248億円)を見込んでいるが、これも前四半期から59.5%から55.9%減だ。

そのほか、蔚来は最近すでに上海生産工場の建設計画を停止したと発表。完成車製造提携方式に焦点を絞り、安徽省合肥市にある蔚来工場が今後2~3年の生産需要に対応するという。

2月4日、蔚来は総額6億5000万ドル(約715億円)、年利率4.5%の2024年期限の交換可能な優先債券を発行。初期の購入者はすでに2019年2月15日と28日の二度に分けてオーバーアロットメントを行使し、それぞれ総額で5177万ドル(約57億円)と4822万ドル(約53億円)分の債券を購入している。

「2018年は蔚来にとってマイルストーンの意義をもつ一年だった。我々は会社が目標を達成できたことを非常に嬉しく思っている」と蔚来の創業者であり董事長兼CEOの李斌氏は語る。「6月に我々はES8の量産販売を開始し、通年で11348台を販売した。9月には我々はニューヨーク証券取引所でIPOを成功させた。12月に蔚来は新型量産モデルである、高性能SUV、ES6を発表した」と李氏は振り返った。

李氏はさらに「2018年の第4四半期において、我々は7980台のES8を販売し、ES8は40万元(約650万円)以上の高級車モデルの中で販売台数最多の7シートSUVとなった。全国の路上を走る蔚来の車を増やし続け、高品質のサービスを提供し、ユーザーの期待を超える体験を提供することが我々の競争の中核戦略である。今年の春節期間、蔚来エネルギーとサービスチームは休まず仕事をし、7日間24時間ユーザーのために至れり尽くせりのサービスと保障を提供した。2019年、我々のユーザーコミュニティは絶えず拡大する。そしてES6及びES8の6シートモデルを販売する予定だ。我々は製品とサービスの品質向上に焦点をあて、市場シェアをさらに拡大していく」とも語った。(翻訳:山口幸子)

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手