テマセク、22年度の自己資本利益率は5.81% 投資先は1位シンガポール、2位中国

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業VC注目記事

テマセク、22年度の自己資本利益率は5.81% 投資先は1位シンガポール、2位中国

続きを読む

シンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスが7月12日、2022年度(21年4月〜22年3月)の年次報告書「Temasek Review 2022」を発表した。

純資産額は、前年度より220億シンガポールドル(約2兆1700億円)増え、4030億シンガポールドル(39兆7600億円)だった。自己資本利益率(ROE)は5.81%で、1974年の設立以来48年間のROEは年率換算で14%となった。

同社のポートフォリオ(資産構成)を地域別に見ると、引き続きアジア(63%)が基盤となっており、1位がシンガポール(27%)、2位が中国(22%)となっている。21年度は1位が中国(27%)、2位シンガポール(24%)だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録