22年4~6月期スマホ出荷台数、前年同期比9%減 シェア1位はサムスン

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

22年4~6月期スマホ出荷台数、前年同期比9%減 シェア1位はサムスン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「Canalys」が7月19日に発表した最新データによると、2022年4〜6月期の世界のスマートフォン出荷台数は、前年同期比で9%減少した。1〜3月期に続き、前年同期比での減少となった。

スマホ需要の落ち込みについて、同社のアナリストToby Zhu氏は「22年に入ってからは、インフレの影響で可処分所得が減少し、消費者がスマホの購入に慎重になっている」と指摘した。スマホの性能が高まるにつれ、消費者の買い替えペースが落ちていることも原因になったとみられる。

メーカー別では、韓国サムスン電子が21%(前期比3ポイント減)のシェアを獲得し、首位を維持した。米アップルは「iPhone 13」シリーズの人気が続き、17%(1ポイント減)を獲得して引き続き2位となった。3位から5位は中国勢が占め、小米科技(シャオミ)の14%(1ポイント増)、OPPOの10%、vivoの9%の順だった。

アップルがハイエンドスマホ市場でシェア62%を獲得 ファーウェイ大幅減ー22年1~3月期

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録