ネットイース、米国で新たにゲームスタジオ設立 マイクロソフトXbox元幹部が責任者

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ネットイース、米国で新たにゲームスタジオ設立 マイクロソフトXbox元幹部が責任者

続きを読む

中国ゲーム大手の網易(ネットイース)がこのほど、米シアトルを拠点とする新たなゲームスタジオ「Jar of Sparks」を設立し、米マクロソフトのゲームブランド「Xbox」出身のJerry Hook氏を責任者に迎えた。

同スタジオは、巨額の開発費が必要となる超大型ゲーム「AAAタイトル」の制作を手掛ける。米ゲームメディア「Video Games Chronicle(VGC)」が報じた。

Jar of Sparksは現在、世界中から人材を募集しており、今後はストーリー重視の次世代型アクションゲームの制作に取り組んでいくという。

世界モバイルゲーム売上高、トップ100に中国企業38社がランクイン 22年6月

Hook氏は、マイクロソフトの初代ゲーム機、Xboxの発売やオンラインサービス「Xbox Live」の設立に携わったベテランで、米ゲーム会社「Bungie」による人気ゲーム「Halo」シリーズや「Destiny」シリーズの開発でも重要な役割を果たした。

ネットイースは2022年初め、日本でゲームスタジオを設立し、セガで人気ゲーム「龍が如く」を手掛けたベテランクリエーター、名越稔洋氏を代表に迎えた。

また、このほどソニーに買収されたBungieと共同で、Destinyをベースにしたモバイルゲームを制作しているとの情報もある。ネットイースは2018年、Bungieに1億ドル(約138億円)を出資して少数株主となっている。

ネットイース、米国に初のゲームスタジオ開設 カナダと日本に続き

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録