バイトダンス、評価額41兆円に急落 IPO計画の棚上げが原因か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

バイトダンス、評価額41兆円に急落 IPO計画の棚上げが原因か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国IT大手、字節跳動(バイトダンス)の評価額が、ここ数週間で2021年に比べ少なくとも25%減少し、3000億ドル(約41兆円)を割り込んだ。同社の新規株式公開(IPO)計画が棚上げとなっていることを受け、一部の投資家が未公開株の売却に動いたとみられる。ブルームバーグが7月21日に報じた。

米有力ヘッジファンドのタイガー・グローバル・マネジメントは21年、バイトダンスの未公開株を評価額4600億ドル(約63兆円)で買い増していた。

バイトダンスのIPO計画は、中国のIT企業に注目する投資家から最も期待されてきた。しかし、世界の株式市場が依然として不安定なため、同社が近くIPOを実施する可能性は低い。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)とアリババ集団の株価は、22年年初からそれぞれ24%と13%下落している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録