テンセント傘下「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」、売上高690億円を突破 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント傘下「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」、売上高690億円を突破 

続きを読む

米モバイルアプリ調査会社Sensor Towerによると、米ゲーム大手「ライアットゲームズ(Riot Games)」が制作した「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」の売上高が、App StoreとGoogle Playで計5億ドル(約690億円)を突破した。

同タイトルは2020年10月にリリースされ、中国本土では21年10月からテンセントが「英雄聯盟手遊」の名称で発行・運営している。

22年上半期の売上高は2億1800万ドル(約300億円)で、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲームカテゴリで2位となった。1位はテンセントの「王者栄耀(Honor of Kings)」で14億ドル(約1930億円)、3位はフィンランドのゲーム会社「スーパーセル(Supercell)」の「ブロスタ(Brawl Stars)」で1億4950万ドル(約210億円)だった。ライアットゲームズとスーパーセルが、いずれもテンセント傘下にあることには注目すべきだろう。

中国は「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」にとって最大の市場となっており、「英雄聯盟手遊」の累計売上高は3億6460万ドル(約500億円)と全体の7割強を占める。地域別の売上高2位は米国で6.8%、3位は韓国で3.7%となっている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録