中国EV「哪吒汽車」、シリーズD3で600億円調達 年内の香港上場を目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国EV「哪吒汽車」、シリーズD3で600億円調達 年内の香港上場を目指す

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

電気自動車(EV)ブランド「哪吒汽車(Neta)」として知られる中国新興EVメーカー「合衆新能源汽車(Hozon Auto)」がこのほど、シリーズD3で30億元(約600億円)を調達した。シリーズDでの調達額は総額100億元(約2000億円)近くとなった。今回の出資者には「深圳市創新投資集団(Shenzhen Capital Group)」や「日初資本(Dayone Capital)」「瑞豊資本(Insight Capital)」」などの投資機関が名を連ねた。

同社は、年内の香港上場を計画していると報じられている。これまでに、車載電池メーカー「寧徳時代(CATL)」やセキュリティ大手「奇虎360(Qihoo360)」、自動車大手「北京汽車集団(BAIC Group)」傘下の投資会社「北京汽車集団産業投資(BAIC Capital)」などからも資金を調達してきた。

中国EV「哪吒汽車(Neta)」が新たに約360億円調達 年内IPOを計画

同社の2022年上半期の販売台数は前年同期比199%増の6万3131台で、理想汽車(Li Auto)と蔚来汽車(NIO)を上回り、中国の主要新興EVメーカーで2位となった。

中国新興EV6月販売台数:小鵬は前年比133%増でトップを維持、NIOは過去最高を記録

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録