中国小鵬汽車、レンタカープラットフォーム「eHi Car」と提携 EV車両提供へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国小鵬汽車、レンタカープラットフォーム「eHi Car」と提携 EV車両提供へ

xpeng

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」が7月19日、レンタカープラットフォーム「一嗨出行(eHi Car Service)」と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。

一嗨出行は小鵬汽車の車両を数回に分けて購入し、運用する予定。小鵬汽車が同日行われた調印式で一嗨出行に納入した第一陣の車両は今夏、まず広州、深圳、天津、杭州、三亜など7都市で運用が開始される。

新興EVメーカーがレンタカープラットフォームと提携してEVを大規模運用するのは初めてのケース。両社は充電システムの構築や共同プロモーションなどでも高度な提携を推し進めるという。

2006年1月に設立された一嗨出行は上海に本社を置き、主に個人や法人向けにレンタカーサービスを提供しており、中国国内500以上の都市で事業を展開している。

小鵬汽車は今年1月から6月までの納車台数が計6万8983台となり、「蔚来汽車(NIO)」や「理想汽車(Li Auto)」を抜いて中国新興EVメーカーで首位に輝いた。

中国新興EV6月販売台数:小鵬は前年比133%増でトップを維持、NIOは過去最高を記録

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録