アリババ、米SECの「上場廃止警告リスト」入りで株価急落

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババ、米SECの「上場廃止警告リスト」入りで株価急落

続きを読む

米国証券取引委員会(SEC)は7月29日、上場廃止のリスクがある銘柄を列記したいわゆる「上場廃止警告リスト」に、中国IT大手のアリババ集団を追加した。同社の29日の終値は前日から約11%下落し、89ドル37セント(約1万1900円)となった。時価総額も2367億元(31兆5400億円)にしぼんだ。

同日、女性ファッション特化型ソーシャルEC「蘑菇街(MOGUJIE)」、ペット用品専門EC「波奇(boqii)」、ツール系アプリメーカー「猟豹移動(Cheetah Mobile)」の3社もリスト入りした。

2020年に成立した「外国企業説明責任法(HFCAA)」によると、米国で上場する外国企業は、3年連続で規制当局による監査調書の審査を受け入れなかった場合、強制的に上場廃止になる可能性がある。

アリババが2022会計年度(21年4月1日〜22年3月31日)の年次報告書を発表した7月26日には、同社が「上場廃止警告リスト」に掲載される可能性が高いと予想されていた。

同社は7月26日午前、香港証券取引所にプライマリー上場を申請する方針を明らかにしていた。取引所による審査が済み次第、同社は香港証券取引所のメインボードと米ニューヨーク証券取引所(NYSE)でプライマリー上場を果たすことになる。

アリババ、香港でプライマリー上場申請 ニューヨークと重複で投資家のリスク分散

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録