ファーウェイ、独自OSの第3世代「HarmonyOS 3」発表 第2世代搭載のデバイスは3億台突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ファーウェイ、独自OSの第3世代「HarmonyOS 3」発表 第2世代搭載のデバイスは3億台突破

続きを読む

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が7月27日、新製品発表会を開催した。デバイス事業部を統括する余承東(リチャード・ユー)氏は席上、独自OS(オペレーションシステム)の第2世代「HarmonyOS 2」を搭載したデバイスが3億台を突破し、IoT機器向けの「HarmonyOS Connect」を搭載したデバイスの出荷台数も1億7000万台を超えたと発表した。

新製品発表会の目玉、独自OSの第3世代「HarmonyOS 3」は、第2世代に比べ動作がスムーズになった。同社のスマートフォン「Huawei P50 Pro」にHarmonyOS 3を搭載した場合、アプリの起動速度は7%、スワイプに対する反応速度は18%、アプリの操作に対する反応速度は14%向上するという。

HarmonyOS 3を搭載したデバイスと車載システムとが自動で同期するため、車載ディスプレーでスマホのアプリを直接操作できる。アプリを通じて車載カメラを操作する機能なども利用可能となる。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録