中国版テスラ「NIO」、スマホ事業会社を設立 登録資本金135億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国版テスラ「NIO」、スマホ事業会社を設立 登録資本金135億円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」が8月4日、スマートフォン事業を手掛ける新会社「蔚来移動科技(NIO Mobile Technology)」を設立したことが分かった。

企業情報検索サイト「天眼査(Tanyancha)」によると、法定代表者はNIOの共同創業者、秦力洪氏で、登録資本金は1億ドル(約135億円)。新会社の事業内容には、モバイル端末や通信機器の販売のほか、人工知能(AI)アプリの開発などが含まれる。

NIOの創業者、李斌氏は7月末、同社がスマホ事業を推進しており、米アップルと同様に毎年1機種を開発する方針を明らかにしていた。

中国版テスラ「NIO」、23年にも自社開発のスマホ発売へ 価格は14万円以上

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録