物流ロボット「Geek+」、シリーズE1で約135億円調達 評価額は2700億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

物流ロボット「Geek+」、シリーズE1で約135億円調達 評価額は2700億円超

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の物流ロボットメーカー「Geek+(ギークプラス、極智嘉)」は8月8日、シリーズE1で1億ドル(約135億円)を調達したと発表した。出資者はインテルの投資部門「インテル・キャピタル(Intel Capital)」、シンガポール政府系VC「Vertex Venture Holdings」傘下の「Vertex Growth」、「清悦資本(Qingyue Capital Investment)」など。

今回の資金調達で同社の評価額は20億ドル(約2700億円)を上回った。調達した資金は主にグローバル市場開拓の加速などに充てられるという。

Geek+は世界をリードする物流ロボットメーカーとして、企業が物流のスマート化を実現するための各種ロボット製品と、あらゆる場面に対応したソリューションを提供している。

海外進出に成功した最初の中国物流ロボットメーカーでもある同社は現在、米国、欧州、日本、シンガポール、韓国、香港に地域本部を置いている。ナイキ(NIKE)やウォルマート(Walmart)、シーメンス(Siemens)、BMW、トヨタ、DHLなど、世界的大企業500社以上にサービスを提供している。

AI物流ロボットで日本トップシェアを握る中国「Geek+」、経営者が語る今後の展望

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録