中国発雑貨大手「名創優品」、チャイナドレスを「芸者」の衣装と誤表記で謝罪

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国発雑貨大手「名創優品」、チャイナドレスを「芸者」の衣装と誤表記で謝罪

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に8月8日夜、中国発の雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」が海外のSNS(交流サイト)で、旗袍(チーパオ、いわゆるチャイナドレス)姿のフィギュアを「日本の芸者」と呼んでいるとの書き込みがあり、ネット上で議論を呼んだ。

名創優品のスペイン代理店が運営するSNSの公式アカウントが、旗袍を着たディズニープリンセスのフィギュア6体の写真を投稿し、その説明文に「芸者の衣装」と記していたのだ。

しかも、多くのネットユーザーが誤りを指摘したにもかかわらず、公式アカウントの返信が「笑顔」の絵文字だけだったことから、批判の声が大きくなった。

名創優品は翌9日夜、スペインの代理店が事実誤認の投稿をしたことに対して謝罪のコメントを発表した。また、同代理店に投稿を削除するよう求めた上で、直ちに提携関係を打ち切ったことも明らかにした。

今回の問題に先立ち、パナマの代理店がSNSの公式アカウントで「名創優品は日本発の企業」だと説明していたことも発覚している(現在は削除済み)。

パナマ代理店のSNS公式アカウント

同社は2013年、広東省広州市で設立され、10~50元(約200~1000円)程度の日用雑貨を販売している。21年末時点の店舗数は5000店以上で、うち1900店以上が中国国外にある。

高品質・低価格な商品が評価される一方で、「日本企業だとの誤解を誘っている」「他ブランドの悪質な模倣をしている」との声も聞かれる。

日本風の中国雑貨「名創優品」が米上場、全世界で1万店の出店計画も

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録