中国、世界最大規模のネットワークインフラを構築完了

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社

中国、世界最大規模のネットワークインフラを構築完了

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社済南8月5日】中国工業・情報化部の張雲明(ちょう・うんめい)副部長はこのほど、済南市で開かれた「2022中国計算力大会」で、中国の計算力産業はここ数年長足な発展を遂げ、計算力規模が世界2位となり、関連政策も絶えず整備され、産業エコシステムが次第に整っていると述べた。

張氏はまた、業界の発展方向について、次世代通信ネットワークを基盤とし、データ・計算施設を中核とし、インフラ融合とデジタル化に重点を絞る新型情報インフラシステムの構築に注力すべきだと指摘した。

中国は既に世界最大規模の先進ネットワークインフラを築き上げた。中国の5G基地局数は6月末時点で185万4千カ所となり、5G対応スマートフォン契約は4億5千万件を超え、ギガビット級光ファイバー契約数も6100万件を突破した。

大会期間中、通信大手3社の中国移動通信(チャイナモバイル)、中国電信(チャイナテレコム)、中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)や通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などの計算力分野のトップ企業は、全国的データセンターとクラウド・通信網融合プロジェクトの建設契約10件あまりに調印。総投資額は約500億元(1元=約20円)だった。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録