中国生鮮EC大手「叮咚買菜」、初の黒字化達成 22年4~6月期は売上高1300億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国生鮮EC大手「叮咚買菜」、初の黒字化達成 22年4~6月期は売上高1300億円超

続きを読む

生鮮食品に特化した電子商取引(EC)プラットフォーム「叮咚買菜(Dingdong Maicai)」が8月11日に発表した2022年4〜6月期決算は、売上高にあたる営業収入が前年同期比42.8%増の66億3000万元(約1326億円)だった。

純損失は3450万元(約7億円)と前年同期の約17億元(約340億円)から大幅に縮小し、Non-GAAPベースの純利益は2060万元(約4億円)となり、初の黒字化を達成した。

営業収入の内訳は、商品販売による収入が42.4%増の65億5400万元(約1310億円)、サービス料収入が88.1%増の8040万元(約16億円)と伸びた一方で、プロモーション・販売コストは64.2%減の1億4700万元(約3億円)に圧縮された。

配送コストは9%減の15億4200万元(約308億円)となり、営業収入に対する割合が36.5%から23.2%に縮小した。

同社は、7〜9月期には引き続き運営効率が向上し、利益率が大幅に改善するとの見通しを示した。

”資本の寵児”だった中国生鮮EC「毎日優鮮(MissFresh)」 株価1ドル割れで上場廃止の危機

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録