上海汽車傘下の配車サービス「享道出行」、200億円調達 ユニコーン企業に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

上海汽車傘下の配車サービス「享道出行」、200億円調達 ユニコーン企業に

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国国有自動車大手の上海汽車集団(SAIC)傘下で、オンライン配車サービスを手掛ける「享道出行(SAIC Mobility)」が8月15日、シリーズBで10億元(約200億円)を調達したと発表した。出資者は親会社のSAIC、自動運転企業「Momenta」など。同社は、今回の資金調達で評価額が10億ドル(約1350億円)となり、ユニコーン企業の仲間入りを果たしたと明らかにした。

享道出行は2018年に設立され、オンライン配車サービスのほか、個人向けレンタカーやタクシーなど各種モビリティサービスを提供してきた。このほか、SAICの自動運転タクシー事業の運営主体として「享道Robotaxi」を運営し、都市部でのモビリティサービスにレベル4の自動運転技術を活用している。享道Robotaxiの乗車ポイントは現在、上海市と江蘇省蘇州市の100カ所以上に開設されている。

同社は20年末に実施したシリーズAで、「アリババ集団」および車載電池大手の「寧徳時代(CATL)」から3億元(約60億円)を調達し、21年8月には資産担保証券(ABS)の発行により5億元(約100億円)を調達していた。

今回の資金調達後は市場シェア1位の獲得に努め、タイミングを見て新規株式公開(IPO)計画を始動する方針だという。

CATLとアリババ、自動車大手上汽集団傘下ネット配車に47億円超を出資

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録