CATLとアリババ、自動車大手上汽集団傘下ネット配車に47億円超を出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

CATLとアリババ、自動車大手上汽集団傘下ネット配車に47億円超を出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国大手自動車メーカー「上海汽車集団(SAIC MOTOR)」(以下「上汽集団」)傘下のネット配車サービス「享道出行(SAIC Mobility)」は12月18日、動力電池大手「寧徳時代(CATL)」とアリババ・グループから、総額3億元超(約47億円)の資金を調達したと発表した。

享道出行は2018年12月18日に正式に営業を開始。上汽集団がモビリティサービスおよび製品の総合サプライヤーへモデルチェンジを図るための戦略の一つとして、上汽集団の産業チェーン全体を統合し、モバイルネットワークとビッグデータ技術を活用した企業や個人向けのモビリティサービスを提供している。

先頃、上汽集団、CATL、アリババの3社は、上汽集団のハイエンドスマート電気自動車(EV)の新ブランド「智己汽車」に関し、提携に合意したばかりである。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録