再春館製薬所、WeChatで越境EC本格始動  熊本から中国へ直接配送 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

再春館製薬所、WeChatで越境EC本格始動  熊本から中国へ直接配送 

続きを読む

漢方の医薬品・化粧品会社「再春館製薬所」が展開する基礎化粧品ドモホルンリンクルがこのほど、中国最大のSNS「WeChat(ウィーチャット)」のミニプログラムを活用し、越境ECビジネスを本格的に始動した。

2021年7月より、再春館製薬所は数名の少人数チームがWeChat公式アカウントを活用し、唯一の自社工場である熊本からの越境直接配送を実現した。開始10カ月で2000万円以上を売り上げるという記録を残した。 

今回のリニューアルでは、ANAが出資する中国市場開拓支援サービスを提供するACDが展開するサービス「Wesearch」を利用し、一部のリソースを割くだけで販売配送、アフターサービスまでが実現可能となった。

中国に居ながらも日本旅行が体験可能、商品の代理購入も。コロナで進化し続ける越境ビジネス

再春館製薬は1932年に設立され、日本で初めてコラーゲン配合のクリームの開発に成功した。海外に進出してから10年目となり、世界43カ国で約12万人のユーザーに提供している。今後、同社は中国市場での実績を成長の基盤として構築し、ドモホルンリンクルを通して海外ユーザーに寄り添い、海外事業全体で100億の事業に育てていくとしている。

(36Kr Japan 編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録