中国EV大手BYD、22年1~6月期の業績が爆発的な伸び 純利益約720億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EV大手BYD、22年1~6月期の業績が爆発的な伸び 純利益約720億円

続きを読む

中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)が8月29日、2022年1〜6月期決算を発表した。

売上高は前年同期比65.71%増の1506億700万元(約3兆160億円)、親会社に帰属する純利益は同206.35%増の35億9500万元(約720億円)、営業活動によるキャッシュフローは前年同期の96億7700万元(約1940億円)から346.27%増の431億8500万元(約8650億円)と急増した。

事業別の売上高は、自動車および自動車関連製品などが前年同期比130.31%増の約1092億6700万元(約2兆1850億円)、携帯電話の部品や組立などが同4.78%減の約410億700万元(約8200億円)で、グループ全体の売上高に占める割合はそれぞれ72.55%と27.27%だった。

22年1~7月の中国市場の新エネルギー車販売台数は、BYDが292%増の80万3000台で圧倒的1位、米テスラは89%増の32万3000台にとどまった。

中国EV大手BYD、タイ乗用車市場に参入

BYDは海外進出も積極的に進めている。 決算報告書によると、22年2月に海外向けカスタマイズモデル「BYD-ATTO3」をオーストラリア市場で先行販売している。8月には日本の乗用車市場への正式参入を発表し23年にミドルサイズのe-SUV「ATTO3」、コンパクトサイズのe-Compact「DOLPHIN」、BYDの最新技術を結集したハイエンドのe-Sedan「SEAL」の3モデルを順次発売する予定だとした。さらに同月、欧州ディーラー大手の「Hedin Mobility Group」と提携し、ドイツとスウェーデンの市場に参入すると発表した。22年10〜12月期から納車を開始する予定だという。

日本EV業界の黒船となるか。中国BYD、日本乗用車市場に参入

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録