インド電子・情報技術相、「2万円未満の中国製スマホ販売禁止」を否定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国特集注目記事

インド電子・情報技術相、「2万円未満の中国製スマホ販売禁止」を否定

phone
続きを読む

インドのラジーブ・チャンドラセカール電子・情報技術相はこのほど、 同国政府が1万2000ルピー(約2万円)未満の中国製スマートフォンの国内販売を禁止するとの情報を否定し、「インド政府はそのような指示は出していない」と述べた。「ザ・タイムズ・オブ・インディア」が8月30日、 報じた。

同相は「インド政府が望んでいるのは、中国のスマホメーカーが部品のサプライチェーンをより透明かつオープンにすることだ」とした上で、「インド企業もサプライチェーンおよび市場でその役割を果たしていくが、それは海外ブランドの排除を意味するものではない」と強調した。

調査会社「Counterpoint」によると、インドのスマホ市場では2022年3~6月、中国企業が63%のシェアを占め、上位5位にはシャオミ(Xiaomi、小米科技)、realme、OPPO、vivoの4社が入った。1万2000ルピー未満の機種に限ると、中国企業のシェアは75〜80%となった。それら中国企業のほとんどは、インドでスマホを生産している。

インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ 

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録