ANTA、中国スポーツ用品市場でトップに 設立31年目の快挙 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ANTA、中国スポーツ用品市場でトップに 設立31年目の快挙

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スポーツ用品大手「安踏体育用品(ANTA Sports Products)」が、2022年1〜6月の売上高で米ナイキの中国法人を抜き、中国市場のトップに躍り出た。設立31年目の快挙だった。

22年1〜6月期の売上高は前年同期比13.8%増の259億6500万元(約5190億円)。ナイキ中国法人の1.1倍、中国「李寧(Li-Ning)」の2.1倍、独アディダスの2.13倍だった。

中国スポーツ用品大手「ANTA」、中間決算の売上高約5180億円 前年比13.8%増

ANTAの丁世忠・最高経営責任者(CEO)は21年に開いた戦略会議で、「25年までに中国市場でシェア1位を目指す」としていたが、予定よりも3年早い目標達成となった。

中国メーカー2位の李寧と3位の「特歩(Xtep)」がこのほど発表した22年1〜6月期決算も好調だった。李寧は増収増益で、売上高は前年同期比21.7%増の124億900万元(約2480億円)となった。特歩の売上高は37.5%増の56億8400万元(約1130億円)となり、中国メーカー上位3社の中で最大の伸びを示した。

中国スポーツ用品大手「李寧」、英老舗シューズブランド「Clarks」買収

中国勢が好調さを示す一方、かつて中国市場を席巻していた大手2社、ナイキは3四半期連続で、アディダスは5四半期連続で売上高が減少している。

M&Aを繰り返して巨大化、中国CVCの王者テンセントの戦略

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録