テンセント、上場企業の株式約2兆円相当を年内売却か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、上場企業の株式約2兆円相当を年内売却か

続きを読む

中国ネット大手のテンセント(騰訊)が重要な戦略転換の一環として、保有する上場企業の株式のうち1000億元(約2兆円)相当を年内に売却するとの目標を設定したという。具体的な内容は、市況や同社の利益目標に応じて決定するとみられる。英フィナンシャル・タイムズ(FT)が関係者2人の話を引用して報じた。

この報道を受け、生活関連サービス大手「美団(Meituan)」をはじめテンセントが出資する複数の企業の株価が下落した。

その後、テンセントの広報担当者は「売却の目標額は設定していない」と報道内容を否定し、「当社は常に、規定の期間や目標額に左右されることなく、会社と株主に大きな利益をもたらすことを目標に投資してきた。ポートフォリオ(運用商品の詳細な組み合わせ)について外部からの圧力も受けていない」と述べた。

テンセントは過去1年間で上場企業の株式を6回売却している。その中には、電子商取引(EC)大手「京東集団(JDドットコム)」、教育大手「​新東方教育科技集団(New Oriental Education and Technology Group)」、電子機器大手「歩歩高(BBK)」のほか、シンガポールのネットサービス大手「Sea(シー)」などの株式が含まれる。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録