中国ネットイース、仏ゲームスタジオ「クアンティック・ドリーム」買収を発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国ネットイース、仏ゲームスタジオ「クアンティック・ドリーム」買収を発表

続きを読む

中国ネットサービス大手のネットイース(網易)は8月31日、同社のゲーム部門「ネットイースゲームズ(網易遊戯)」がフランスのゲーム制作会社「クアンティック・ドリーム(Quantic Dream)」を買収したと発表した。

取引完了後、クアンティック・ドリームはネットイースゲームズにとって欧州初のゲームスタジオとなり、「世界中のイノベーションとゲーム開発をサポートする」というネットイースのビジョンを実現するための重要な足がかりとなる。

クアンティック・ドリームは、今後も独立運営を継続する。ネットイースの強大なゲーム開発能力を利用し、あらゆるプラットフォームでゲームを開発・販売すると同時に、サードパーティによるゲームの開発・販売もサポートしていくという。

1997年に仏パリで設立されたクアンティック・ドリームは、世界をリードする独立系ゲーム制作会社の1つとして知られる。代表作は「Heavy Rain」「Beyond: Two Souls」「Detroit: Become Human」など。同社は2021年末、米ウォルト・ディズニー傘下のゲームブランド「ルーカスフィルム・ゲームズ(Lucasfilm Games)」と共同で、アクションアドベンチャーゲーム「Star Wars Eclipse」を開発中だと発表した。

ネットイース、22年4~6月期の売上高約4800億円 

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録