中国EC大手「京東」、アップル正規販売店の1号店を北京にオープン

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EC大手「京東」、アップル正規販売店の1号店を北京にオープン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国電子商取引(EC)大手の京東集団(JDドットコム)が直営する米アップル製品の正規販売店「JD Ehome」の1号店が9月3日、北京市内のショッピングモール「合生広場(HOPSON MALL)」でオープンした。

JD Ehomeは、京東がアップルと提携して展開する初の直営店で、アップルが中国市場で5年ぶりに認定した正規販売店「Apple Premium Reseller(APR)」となる。

APRの運営事業者は、店舗の場所や広さ、デザインなど全ての点で同社の承認を受けなければならない。また、販売・サポート・修理を担当するスタッフは、消費者に専門的なサービスを提供するための研修を受け、認証を取得する必要がある。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録