ARグラス「Rokid」、オンラインゲーム大手のネットドラゴンから約56億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

ARグラス「Rokid」、オンラインゲーム大手のネットドラゴンから約56億円を調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AR(拡張現実)スマートグラスを開発する「Rokid(霊伴科技)」がこのほど、オンラインゲーム大手の「網龍網絡(ネットドラゴン・ウェブソフト)」から4000万ドル(約56億円)を調達したと発表した。

2014年に設立されたRokidは、本社を杭州に置き、ARグラスなどのハードウエアやソフトウエアの開発を手がけ、自社開発したオペレーションシステム「YodaOS」をベースにしたエコシステムを構築している。同社は音声認識やコンピュータビジョン、光学ディスプレー、チップなど多分野にまたがる研究を通じ、人工知能(Al)やAR技術の実用化を進め、さまざまな分野の顧客に総合的なソリューションを提供する。同社のAl製品やAR製品は、70以上の国や地域で使用されている。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録