ソフトバンクG出資のフィットネスアプリ「Keep」、22年1~3月期赤字縮小 MAU3770万人に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

ソフトバンクG出資のフィットネスアプリ「Keep」、22年1~3月期赤字縮小 MAU3770万人に

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ソフトバンクグループが支援する中国最大のオンラインフィットネスプラットフォーム「Keep」が、香港証券取引所に提出した目論見書を更新した。

目論見書によると、Keepの売上高は2020年が11億700万元(約228億円)、21年は16億1900万元(約334億円)、22年1~3月期は前年同期比37.6%増の4億1700万元(約86億円)だった。

Non-IFRS基準の調整後純損失は、19年が3億6600万元(約75億円)、20年が1億600万元(約21億円)、21年が8億2700万元(約170億円)の赤字だった。22年1~3月期は前年同期の2億3700万元(約48億円)に対し1億5500万元(約32億円)と、赤字幅が縮小した。

Keepは事業化の過程で「プライベートブランド(PB)のスポーツ用品(消費財)」「会員制サブスクリプションおよび有料オンラインコンテンツ」「広告およびその他サービス」という3部門を形成した。

22年1~3月期における各部門の売上高は、PBスポーツ用品が全体の51%に当たる2億1300万元(約44億円)、会員制サブスクリプションおよび有料オンラインコンテンツが38.6%に当たる1億6100万元(約33億円)、広告およびその他サービスが10.4%に当たる4330万元(約8億9000万円)となっている。なおPB製品の売上高には、フィットネスバイク、リストバンド、体重計、トレッドミルなどのスマートフィットネス機器および関連スポーツ用品の売上高が含まれている。

Keepプラットフォームの22年1~6月の平均月間アクティブユーザー数(MAU)は3770万人に達している。

ソフトバンクG出資の宅トレアプリ「Keep」、海外市場撤退。中国市場に集中

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録