テンセント、仏ユービーアイソフトに約430億円出資 直接出資比率9.99%に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、仏ユービーアイソフトに約430億円出資 直接出資比率9.99%に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

人気アクションゲーム「アサシンクリード」で知られる仏ゲーム大手「ユービーアイソフト(Ubisoft Entertainment)」は9月6日、中国IT大手のテンセント(騰訊控股)が同社への直接出資比率を4.5%から9.99%に引き上げることを取締役会が承認したと発表した。

テンセントは、ユービーアイソフト創業者の持株会社「Guillemot Brothers」に3億ユーロ(約428億円)を出資し、同社が持つユービーアイ株の49.9%と議決権の5%を取得する。

ユービーアイソフトのプレスリリースによると、テンセントは2億ユーロ(約285億円)を支払い、1株当たり80ユーロ(約1万1000円)でユービーアイソフト株を取得し、さらに1億ユーロ(約143億円)を出資する予定。テンセントは、Guillemot Brothersに長期の無担保融資を提供し、債務の借り換えとユービーアイソフトの株式取得のために使える追加資金を提供する。

テンセントは、5年間はユービーアイソフトの株式を売却できず、8年間は持分を増やすことができない。また、ユービーアイソフトのガバナンスに変更はなく、テンセントは運営上の否決権を持たない。

ユービーアイソフトは「テンセントとの戦略的パートナーシップの下、当社が持つ多くの3Aタイトルをモバイルデバイス向けに展開していく計画に自信がある」としている。

M&Aを繰り返して巨大化、中国CVCの王者テンセントの戦略

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録