中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」発売 販売台数回復の起爆剤に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」発売 販売台数回復の起爆剤に

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」がこのほど、新車種「G9」を9月21日に発売すると明らかにした。同日開催の発表会の様子はライブ配信される。

G9は小鵬汽車のフラッグシップモデルで、超急速充電が可能なスマートSUV(多目的スポーツ車)。800Vの高電圧で稼働する駆動システムは業界トップクラスの性能で、5分間充電すれば航続距離を200キロ延長できる。

外観は2021年の「広州国際汽車展覧会(広州モーターショー)」で初披露されていた。22年8月10日に内装を公開し、購入予約の受け付けを開始したところ、24時間で2万台の予約を達成した。販売価格は9月21日に発表され、10〜12月期中に納車が始まる見込みとなっている。

中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」を9月発売 800Vの高電圧充電システム採用

小鵬汽車の1〜6月の累計販売台数は、新興EVメーカー1位の6万8983台を記録した。しかし、ここ2カ月は販売台数がやや落ち込んでいた。

何小鵬・最高経営責任者(CEO)は「G9の乗り心地の良さと高級感は、同じクラスの車の目標となるはずだ。中〜大型スマートSUV市場で爆発的人気を獲得することに期待したい」と述べた。

中国新興EV8月販売台数:1位はNETA、4位にファーウェイ傘下のAITO

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録