テンセント・ミュージック、香港でセカンダリー上場へ 9月21日取引開始予定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント・ミュージック、香港でセカンダリー上場へ 9月21日取引開始予定

tencent music
続きを読む

中国IT大手テンセントの音楽配信子会社テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ(TME)が9月15日、香港証券取引所メインボードへのセカンダリー上場の基本承認を受け、新株発行による資金調達を伴わない「紹介方式」で上場すると発表した。

発表によると、クラスA普通株式の取引は9月21日に開始される予定だという。証券コードは「1698」。米銀大手JPモルガン・チェースと米金融大手ゴールドマン・サックスが上場の共同スポンサーとなる。

テンセント・ミュージックの22年4~6月期決算は、売上高が前年同期比13.8%減、前期比3.9%増の69億1000万元(約1380億円)で、純利益は8億9200万元(約180億円)だった。うち、音楽のサブスクリプションサービスによる売上高は前年同期比17.6%増の21億1000万元(約420億円)だった。有料会員数は前年同期比24.9%増の8270万人、モバイルでオンライン音楽サービスを利用した月間アクティブユーザー数(MAU)は5億9300万人だった。

テンセント・ミュージック、香港でセカンダリー上場を計画 有料会員数は7620万人に

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録