アリババクラウド、グローバル展開を加速 エコシステム構築に約1400億円投資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババクラウド、グローバル展開を加速 エコシステム構築に約1400億円投資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国IT大手アリババグループのクラウド事業であるアリババクラウド(阿里雲)は9月22日、タイで開催されている「アリババクラウドサミット2022(Alibaba Cloud Summit 2022)」で、今後も引き続きグローバル事業の展開を加速させると発表した。

同社は今後3年間、10億ドル(約1400億円)を投じて国際化・地域化されたエコシステムを構築するという。具体的には、ポルト(ポルトガル)、メキシコシティ(メキシコ)、クアラルンプール(マレーシア)の3カ所にカスタマーサービスセンターを開設し、クアラルンプール(マレーシア)、ドバイ(アラブ首長国連邦)など3カ所にサービスデリバリーセンターを新たに設置し、海外市場でのサービスを最適化するとしている。

アリババクラウドは2021年、韓国、タイ、ドイツ、インドネシア、フィリピン、サウジアラビアなど7カ所に海外データセンターを新たに設置した。同社は現在、世界200以上の国や地域でサービスを提供している。

アリババクラウド、タイにデータセンター開設 東南アジアが激戦区に

市場調査会社「Canalys」のデータによると、中国本土のクラウドインフラサービスへの支出は前年同期比で11%増加し、22年4~6月期には73億ドル(約1兆円)に達し、全世界のクラウド支出の12%を占めた。 このうち、同期におけるアリババクラウドの市場シェアは前年比約10%増の34%だった。

アリババクラウド、グローバル化を加速 1年でデータセンター5カ所を新設

(36Kr Japan)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録