中国車載電池CATL、欧州第3の工場建設を検討 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国車載電池CATL、欧州第3の工場建設を検討 

続きを読む

車載電池メーカー世界最大手「CATL(寧徳時代)」の欧州エリア総裁マティアス・ゼントグラフ氏氏はこのほどインタビューに対し、同社は欧州に第3の工場の開設を検討しているが、現在は社内協議中で、まだ明確な決定には至っていないと述べた。

CATLは今年8月、ハンガリー東部の都市デブレツェンに、73億4000万ユーロ(約1兆円)を投資し、年間100ギガワット時(GWh)の生産能力が見込まれるバッテリー工場を建設し、5年以内に稼働させると発表した。同工場はドイツに次ぐ欧州2番目の工場となり、完成後は独メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲン(VW)グループ、BMW、仏ステランティス(Stellantis)など欧州の自動車メーカー向けにバッテリーセルおよびモジュールを生産する。

中国CATL、ハンガリーに欧州2カ所目の車載電池工場設立へ 投資額1兆円

CATLは米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)や米自動車大手フォード・モーターへの供給に向け、メキシコや米国でも工場用地を選定しているが、さまざまな理由により遅れが生じていると報じられていた。

中国CATL、メキシコにバッテリー工場 テスラとフォード向け

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録