中国EV大手のBYD、英「ペンドラゴン」と提携へ 乗用車市場に本格参入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EV大手のBYD、英「ペンドラゴン」と提携へ 乗用車市場に本格参入

続きを読む

中国電気自動車(EV)大手「比亜迪(BYD)」が英国の乗用車市場への参入に向け、地元ディーラーの「Pendragon(ペンドラゴン)」と提携に関する事前協議を進めていることが分かった。協議はすでに最終段階に入っているという。

ペンドラゴンは「BYDは年内に英国市場に本格参入する見通しだ。当社はBYDの英国事業立ち上げのパートナーとなり、将来的にはさらなる協力を進めることも検討している」とした上で、ロンドンとバーミンガムを新車販売の最初の候補地として検討していると説明した。

BYDが英国で最初に販売する車種は、中型多目的スポーツ車(SUV)の「ATTO 3(アットスリー)」になる可能性が高い。同社は現在、海外の乗用車市場開拓を進めており、今年は日本、スウェーデン、ドイツなどに進出した。

日本EV業界の黒船となるか。中国BYD、日本乗用車市場に参入

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録