中国大手雑貨チェーン「名創優品」、純利益約120億円で黒字転換 22年6月期通期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国大手雑貨チェーン「名創優品」、純利益約120億円で黒字転換 22年6月期通期

続きを読む

中国の大手雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」は9月29日、2022年6月期の通期決算を発表した。売上高は100億9000万元(約2010億円)で、前年の90億7000万元(約1810億円)から11.2%増加した。純損益は前年の14億2000万元(約280億円)の赤字から一転、6億3800万元(約120億円)の黒字となった。調整後純利益は前年比51.4%増の7億2300万元(約140億円)だった。

6月30日時点で、中国国内の店舗数は加盟店3195店を含む3226店、海外は加盟店1632店を含む1973 店で、総店舗数は5199 店に達した。また、国内店舗の流通取引総額(GMV)は104億元(約2080億円)、海外店舗は64億1400万元(約1280億円)だった。

チェーン店のオンライン販売によるGMVは約184億元(約3680億円)で、傘下のアートトイ専門ブランド「TOP TOY」はマルチチャネルでGMV約6億元(約120億円)を達成した。

中国発雑貨大手「名創優品」、チャイナドレスを「芸者」の衣装と誤表記で謝罪

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録