中国CATL、22年1~8月の車載電池搭載量100GWh突破。世界シェア1位をキープ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

中国CATL、22年1~8月の車載電池搭載量100GWh突破。世界シェア1位をキープ

続きを読む

韓国の市場調査会社SNEリサーチによると、2022年1〜8月の車載電池搭載量は世界全体で前年同期比78.7%増の287.6ギガワット時(GWh)だった。

中国の寧徳時代(CATL)の搭載量は102.2GWhで、前年通期の96.7GWhを超えた。世界シェアは前年同期比5.9ポイント増の35.5%で、1位をキープした。2位は韓国のLGエナジーソリューションで、搭載量は39.4GWhだった。

中国電気自動車(EV)大手で車載電池も生産する比亜迪(BYD)は、22年に入ってから急速に勢いを増している。1〜8月の搭載量は前年同期比192.3%増の36.5GWhで世界シェアは3位。2位との差をわずか2.9GWhに詰めた。

8月単月の搭載量は、CATLが18GWhで世界シェア1位、BYDが6.5GWhで2位だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録