中国で大人気の小型EV「宏光MINI」、日本上陸か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ編集部お勧め記事注目記事

中国で大人気の小型EV「宏光MINI」、日本上陸か

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の自動車メーカー「上汽通用五菱汽車(​SGMW​)」の小型電気自動車(EV)「宏光MINI EV」が近く、日本市場に投入される可能性があると日本経済新聞が報じた。日本のEV販売・リース会社「アパテックモーターズ」が、2022年3月から市場調査を開始していた。日本での販売も同社が担当する。23年春までに日本では型式認証の取得手続きを進め、対日輸出の準備を整えるという。また、販売価格は65万円からになると予想されている。

宏光MINI EVは20年7月に中国で発売され、安価でコンパクトなことから人気を博し、中国の新エネルギー車販売台数で9月までの25カ月間トップを維持している。​SGMW​が発表した最新の生産・販売台数データによると、22年1~9月の販売台数は36万4500台を販売となっている。これまでの報道によると、同車種はすでに欧州市場に輸出されている。

お詫びと訂正:

10月29日に公開した本記事の内容に誤りがございました。「23年春の発売を予定」としていましたが、正確には「23年春までに対日輸出の準備を整える」でした。ご迷惑をおかけした読者と関係者の皆様に深くお詫び申し上げ、訂正いたします。

驚異の約50万円で販売、「中国製激安EV」を支える「ダブルクレジット制度」を読み解く(前編)

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録