中国大手雑貨チェーン「名創優品」、7~9月は海外売上高48%増 利益率は過去最高

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国大手雑貨チェーン「名創優品」、7~9月は海外売上高48%増 利益率は過去最高

続きを読む

中国の大手雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」は11月14日、2022年7〜9月(2023会計年度年第1四半期)の決算を発表した。売上高は27億7000万元(約550億円)で、うち中国国内での売上高は18億5000万元(約370億円)、海外売上高は前年同期比48%増の9億2000万元(約180億円)と大きく伸びた。

非IFRS(国際会計基準)ベースの調整後純利益は4億2000万元(約84億円)、調整後純利益率は15.1%。売上総利益率は35.7%となり、四半期としては過去最高を記録した。

メイソウは9月30日時点で、105の国と地域で約5300店を展開している。中国国内の店舗数は3269店と前年同期から234店増加、海外の店舗数は2027店と191店舗増加した。

同社傘下のアートトイ専門ブランド「TOP TOY」も堅調な成長を維持し、7〜9月の売上高は1億2000万元(約24億円)を上回った。9月30日時点の店舗数は109店で、うち直営店が8店、フランチャイズ店が101店となっている。

中国発雑貨大手「名創優品」、チャイナドレスを「芸者」の衣装と誤表記で謝罪

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録