モバイル向けOLEDパネル出荷数、前年同期比18.6%減 1位はサムスン、2位は中国BOE:22年7~9月期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

モバイル向けOLEDパネル出荷数、前年同期比18.6%減 1位はサムスン、2位は中国BOE:22年7~9月期

続きを読む

市場調査会社「Stone Partners」によると、22年7~9月期のモバイル向けOLEDパネルの出荷数は前年同期比18.6%減の1億3720万枚だった。

出荷数1位は韓国のサムスンディスプレイ(SDC)で8630万枚。シェアは62.9%と4〜6月期の68.8%から5.9ポイント低下した。2位は中国の京東方科技集団(BOE)で、出荷数は2100万枚。シェアは15.3%と4〜6月期の11.3%から大きく伸びた。米アップルの「iPhone13」「iPhone14」やファーウェイの「Mate50」にパネルを供給したことがシェア拡大の要因となった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録