AR企業「Thin Red Line」が約5000万ドルを調達、中国のスター起業家・羅永浩氏設立

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

AR企業「Thin Red Line」が約5000万ドルを調達、中国のスター起業家・羅永浩氏設立

dollar

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の著名起業家、羅永浩氏が設立したAR(拡張現実)企業「細紅線(Thin Red Line)」が、エンジェルラウンドで約5000万ドル(約70億円)を調達した。調達後の評価額は約2億ドル(約280億円)となった。リード・インベスターは生活関連サービス大手「美団(Meituan)」傘下の「龍珠資本(Dragonball Capital)」。コ・インベスターには「藍馳創投(BlueRun Ventures)」、レノボ・キャピタル・インキュベーター・グループ(聯想創投)、マトリックス・パートナーズ・チャイナ(経緯中国)、ATM Capital、ドローン大手DJI(大疆創新)傘下の投資会社「深圳大疆創新投資管理」などのほか、シャオミ(小米科技)の共同創業者・黎万強氏などテクノロジー業界の著名人が名を連ねる。

2022年6月に設立されたThin Red Lineは、スマートフォンに次ぐ次世代パーソナルコンピューティングデバイスのプラットフォーム構築に注力している。羅氏は以前、ARこそが次世代コンピューティングプラットフォームだと信じていると発言していた。同氏はまた、ハードウエアチームはエンジニアサンプルを毎年1機種開発するが、原則として社内での開発用に限定し、商品化の条件と全体的な環境がおおむね整った段階で販売を開始する方針を明らかにしている。

中国の名創業者・羅永浩氏、今度はAR用OSで起業 設立まもなく約80億円を調達

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録