プロサス、テンセント株7890万株売却 投資20年間で利益7000倍以上

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

プロサス、テンセント株7890万株売却 投資20年間で利益7000倍以上

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

南アフリカのメディアグループ「ナスパーズ(Naspers)」のオランダ法人で中国IT大手テンセント(騰訊控股)の筆頭株主である投資会社「プロサス(Prosus)」は11月24日、最新の財務諸表を発表した。

それによると、プロサスは11月23日時点でテンセントの株式を26億1370万株保有しており、10月28日時点で保有していた26億9260万株から1カ月で7890万株減少したことが明らかになった。

同社は今年6月からテンセント株の売却を開始したが、テンセント株に大きな下落圧力がかかる中、9月から10月にかけてテンセント株の段階的売却を一時停止していた。

ナスパーズグループはテンセントに投資してきた20年間で、7000倍以上の利益を上げている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録