シャオミ、22年7~9月期は研究開発費が約25%増 EV開発などに約160億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

シャオミ、22年7~9月期は研究開発費が約25%増 EV開発などに約160億円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン大手の小米集団(シャオミ)が11月23日、2022年7~9月期決算を発表した。研究開発費は前年同期比25.7%増、前期比8.1%増の41億元(約790億円)に上った。うち、電気自動車(EV)などの新事業に関連する費用は約8億3000万元(約160億円)だった。EVの研究開発に携わる人員は1800人を超えた。

小米集団の王翔総裁はリモートで開かれた決算説明会で「EV事業の進捗状況は比較的順調で、24年1~3月に量産に入れると確信している。22年は1~9月にEV事業へ18億6000万元(約360億円)を投資したが、この規模であればグループ全体の経営に大きな影響を与えることはない」と述べた。

シャオミ、22年7~9月は減収減益 純利益は59%減 

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録