中国EVの理想汽車、22年7~9月期の売上高約1800億円 純損失約320億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EVの理想汽車、22年7~9月期の売上高約1800億円 純損失約320億円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新興電気自動車(EV)メーカー「理想汽車(Li Auto)」が12月9日、2022年7~9月期決算を発表した。売上高は前年同期比20.2%増の約93億4000万元(約1800億円)で、純損失は前年同期の約2150万元(約4億円)に対し、約16億5000万元(約320億円)だった。販売台数は前年同期比5.6%増の約2万6500台となった。

同社は10~12月期の売上高を165億1000万~176億1000万元(約3200億~3500億円)、販売台数を前年同期比27.8~36.3%増の4万5000~4万8000台と見込んでいる。

同社は決算発表と同時に、23年1月1日付で現チーフエンジニアの馬東輝氏が総裁に就任し、董事会(取締役会)に加わる人事を発表した。現職の沈亜楠氏は同日付で総裁兼董事を辞任するが、引き続き同社の将来的な成功をサポートするという。

中国新興EV11月納車台数:理想汽車は過去最高 小鵬汽車は依然振るわず

*22年12月12日のレート(1元=約19.6円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録