EVとデジタル通貨で世界一周 23年に中国出発へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社注目記事

EVとデジタル通貨で世界一周 23年に中国出発へ

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社南京12月6日】電気自動車(EV)とデジタル通貨を利用した世界一周旅行の参加者募集がこのほど、中国江蘇省蘇州市で始まった。投資会社のネゲントロピーキャピタルとスマートカーイノベーション研究プラットフォーム「HiEV」が発起したもので、五大陸の20カ国以上を数カ月内で走破し、中国製EVの走行テストを世界中で行う。テストコースの総延長は数万キロに及ぶ。中国製自動車の電動化、コネクテッド化、スマート化のパフォーマンスを世界各地でテストする。

移動に伴う費用の支払いはデジタル通貨を使った両替と決済だけで行う。スマートEVとデジタル通貨を使った人類史上初の世界旅行となる。次世代インターネット「Web3.0」の各国での発展の現状を探るねらいもある。

2023年上半期(1~6月)に中国を出発する計画で、現在、全世界から参加メンバーを募集している。微信(ウィーチャット)の「HiEV」公式アカウントで応募できる。旅行にかかる全費用は発起人が負担し、選出されたメンバーが費用を支払う必要はない。

ネゲントロピーキャピタルの創業者であるビリー・ウェン氏は同計画の始動式で「スマートカーとデジタル通貨との組み合わせは、自動車のCASE(つながる車、自動運転、シェアリング、電動化)と消費のデジタル化という二大イノベーションが業界をまたいで初めての提携するもので、中国が世界に進出しWeb3.0の輝かしい未来を模索する果敢な試みでもある。挑戦を愛し革新をためらわないパートナーを募集し、今度の世界一周を成功させたい」と語った。

ネゲントロピーキャピタルはデジタル資産、暗号通貨、ブロックチェーン技術、Web3.0応用に特化した投資会社。「メタバースエコロジカルファンド」「NFT特別ファンド」「DeFi特別ファンド」の三大特別ファンドをもち、ブロックチェーン産業の先端分野への布石と川上・川下への投資に焦点を当て、革新的技術と先見性のあるチームを資本という手段を通じ後押しする。

「HiEV」はテストハードウエア、スマート性能評価、情報コミュニティーを一体化し、スマートカーの新型消費へのサービスに特化した中国の次世代スマートカーイノベーションプラットフォーム。先進的なデータマイニングと機械学習アルゴリズムにより、スマートカーの評価という難題をスコア形式で解決する。また最新世代のスマートカーの愛好家コミュニティーを構築し、時代の先を行くオーナーと自動車業界の従事者とともに体系的で面白いスマートカー関連コンテンツをつくり、オーナーによるスマートカーの選択や利用を後押しする。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録